代表者コラム ココ・かしこ

COLUMN

20.08.09メディア掲載・セミナー

広島経済レポート『ざゆうの言葉』に記事掲載【一歩ずつ前進する】

広島経済レポート7月30日号の
『ざゆうの言葉』にインタビュー記事が掲載されました。
 

広島経済レポート ざゆうの言葉
 
 

最初にお話をいただいた際には
「私の言葉などで良いのだろうか・・」とためらいましたが
いただいた機会にトライするのも前進。
思い切ってお引き受けしました。
 

けれど直近号の『ざゆうの言葉』を読み返すと
なんだかとても偉そうな方の立派な言葉がズラリと並んでいます。
 

ダメだ・・格が違う・・。
と正直思いました。
 

それでも嘘なく素直に伝えるしかないし
とは言えうまくは話せないだろうけれど
きっと記者の方がなんとかしてくれるだろう、と人頼み。
 

実際の取材中も予想通りとりとめのない話となりましたが
さすがプロ。
きれいにまとめてくださいました。
 

多くのことをお話したのですが
なるほど、こういうところに着目されるのですね。
 

開業するまで取り続けた資格に関心を持ってくださいました。
 
 

==========
 
 

私はもとパソコンインストラクターという職業柄
パソコン系の資格はたくさん持っています。
インストラクターを辞めたあとも
大手通信会社でAccess設計に10年務めました。
 

すると30歳の頃に、パソコンはめちゃくちゃ出来るけど
パソコンしか出来ない自分に気がつきました。
他に何か資格を・・と思って取り掛かったのが宅建です。
 

その後も多く資格を取得しましたし
大学中退のため働きながら35歳で通信制の短大を卒業しました。
 

一番楽しかった資格取得は『和食検定』です。
業務に一番関係のない資格ですが
食の大切さや日本人がどのように和食分化を紡いできたのか
それが今どのように壊れようとしているのか
何かとても大切な神髄にふれているような気持ちで学習に取り組みました。
 
 

==========
 
 

『進む』
 

これは私のここ数年のキーワードです。
そして振り返ればうんとうんと昔から進んできた全てが
今につながっています。
 

全然たいした言葉ではありません。
でもたいしたことのない確実な1歩が
次の1歩につながって大きなドアが現れることがあるのだと思います。
 

あらわれたドアを開く素直さと勇気を持ち合わせたいです。

 
 
 
 
 

中小企業家同友会新会員オリエンテーションに思う決意

第43回起業家・投資家・専門家プレゼン交流会を開催します