【小技劇場】第4回「ワンクリックでデスクトップ画面を表示する」Windows特別編

小技劇場の第4回をアップしました。


▼第4回小技劇場▼
https://www.youtube.com/watch?v=cTImUl3Cihg

今回はほかのソフトを作業中に、ワンクリックでデスクトップ画面を表示する方法です。

昔はタスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを置くことができましたよね。
今は何もしなくても、タスクバーの右端をクリックすればデスクトップ画面が表示されます。

ショートカットキーを使う場合は、「Windows」+「D」キー

キーボードで入力中と、マウスで操作中。その時々で使い分けるといいですね。

==========

さて、この小技劇場をアップした際、Facebookにコメントをいただきました。
「<ボスが来た>ボタンみたい!」

ん??ボスが来たボタン??
ネットで調べたところ、ウィキペディアにこうありました。

ボスが来た
パソコンソフトに搭載されている機能で、特定のキーを押すなどの決められたコマンドを入力することで、瞬時に仕事をしているような画面を表示するもの。

なるほどー。
確かに、ほかの人には見られたくない操作やオサボリ中に、「ボス(もしくは誰か)がやってきた」際は、この機能を使えば、誤魔化すことができますね。
もちろん機能紹介の意図はそこではありませんー笑。

==========

そしてさらに<ボス対策>として、こんなコメントもいただきました。

『 Windows10なら「CTRL」+「Windows」+「D」キーで、複数のデスクトップが作れます。
「CTRL」+「Windows」+「左右矢印」キーで、仕事の画面と○○画面切り替えれば、ボス対策もOKです。』

・・・必要でしたら、ご活用ください・・。

==========

さて、いつもはWord・Excelの便利な機能を紹介する「小技劇場」。
今回はWindows特別編です。

それと言うのも、今回は特別に宮島で収録してきました!
小技劇場、初の屋外ロケです(^^♪

7月の豪雨災害の影響で、観光客の減った宮島。
私たち元気な広島人が宮島に行って発信するのも復興支援では?
ずっとそう思いながら、けれど被災されている方の情報を目の当たりにすると、なかなかそのような気分にもなれず。
そうこうするうちに忙しさも重なって。
やっと9月半ば、宮島を訪れました。

もう何年も前から、お互いの誕生日を祝い合う15年来の友人がいます。
その友人の誕生日が9月。
そこで思いつきました。
「そうだ!宮島での浴衣レンタルをサプライズプレゼントしよう!」

宮島の桟橋を渡る前にある「レンタルきもの みやじま小町」。
実はここのオーナーである六角法子さんとご縁があり、私はここで着付けを習ったり、時折開催される「小町市」で安ーく着物を購入したりしました。

今年の年賀状は、六角さんが着付けてくださった着物姿の写真使いました。
Microsoftofficeテンプレートを使用して、PowerPointで作成しています。

六角さんはとってもプロフェッショナルな方です。
いったい何千人の方を着付けてこられたのでしょう・・。
もしかして何万人???

この写真。
友人(左)と私(右)の着付け方の違い、わかりますか?
衿もとの開き方です。

衿もとの開きは、年齢に合わせて変えるそうです。
衿もとをつめて肌を見せないのは若い女性。
年齢を重ねていくと、少しずつその開きを大きくするそうです。

友人と私は同じ年齢。
でも私は若い女性向けとなる開きの小さい衿もと。
友人の衿もとは、それより少し開いていますよね。
これは、例え私がご婦人でも、身長がかなり低いため、体形に合わせて最も美しい衿もとの開きを選んでくださっているのです。

同じく着付け教室の際は、身長の低い私が着るための技をたくさん伝授くださいました。

六角さんは知識と経験が豊富で、けれどとても柔軟です。
だから何かあれば、わざわざ宮島まで出向いて六角さんを頼ろうと思うのです。

プロフェッショナル。
柔軟性。
清々しい性格。

このような方との出会いに恵まれていることはとても幸運ですね。

そんな六角さんが、ブログ「レンタルきもの みやじま小町のひとりごと」で、今回の出来事を綴ってくださっています。
だからこの日の詳細、私のブログでは省きます!
https://ameblo.jp/miyajima-komachi/entry-12407534105.html

==========

ちなみに今回の第4回小技劇場・・展開が面白い!!身内に評判です。
秘密はエンディングにあり!

また、映像内にこの宮島訪問1日を題材にしたPowerPoint資料も登場。
このPowerPoint資料は、安田女子大学の情報処理基礎講義で作成材料にしました。
大学での資料題材は、女子大生が関心を持ちそうなものや、これから生きていくうえで知っておいて欲しいことなどを使うようにしています。
ただ機能を学ぶだけよりも、学生に喜んでいただけるかな、と。
関心のあるテーマの方が、授業に集中しやすく、また、機能がどう役立つのかが直結しやすいかな、と。
そして、今でなくてもいい、いつか、ほんのちょっぴりでも、その人生のお役に立てることがあったらいいな、と。

第4回小技劇場「ワンクリックでデスクトップ画面を表示する」Windows特別編。
どうぞ、最後までお楽しみください。

そして、宮島は元気です!
復興に向け、まだまだ多くのチカラが必要です。
どうぞ観光にいらしてください。
広島へ遊びに来てください。

一覧へもどる